検査項目が選べる人間ドック

人間ドックは、初期段階の病気を発見できる検診です。法律で定期的に検査が義務付けられている健康診断とは、目的は同じですが、人間ドックの場合は任意検診になるため、保険適用外になります。費用は健康診断の場合は無料、または1万円以下程度で済むことが多いですが、それに対して検査項目が多く、また自分の検査して欲しい項目を追加できる人間ドックの費用は高くなります。半日コースの検査では、一般的に4万円程度、1日コース、宿泊コースになると5~6万、またはそれ以上となる場合があります。

オプション項目で気になる検査を受けられるところがメリットです。目的によって選ぶことができ、性別によってなりやすい病気を検査項目に入れることもできます。例えば、男性の場合は、前立腺MRI、肺CT、頭部MRIなどの検査で、前立腺がんや肺がん、脳梗塞やくも膜下出血のリスクを調べることができます。女性の場合は、乳腺エコーやマンモグラフィ、子宮、卵巣MRI、甲状腺ホルモンの検査など、女性特有の病気の診断ができる項目を追加するのがおすすめです。

人間ドックを受診する年齢は、体の不調が多くなる40歳前後がひとつの目安とされていますが、家族や近親者の中でがんなどで亡くなった人がいる場合、または気になる症状がある場合は、年齢に関わらず20~30代のうちから受診するとよいです。初期段階の病気を発見する以外にも、重大な病気のリスクを回避したり、現在の健康状態から、日常の生活習慣の改善をアドバイスしてくれたり、相談にのってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です