人間ドックで採血を受ける場合の留意点

人間の血液のなかには、病気であることを知らせるさまざまな情報が含まれています。また、たとえ病気でなかったとしても、これからなりやすいであろう病気のタイプを知るという点でも役に立ちます。そのため、どのような人間ドックであっても、血液検査がほぼ必須のメニューとして加えられています。この人間ドックでの血液検査を受けるにあたっては、事前に注意しておきたい点がいくつかあります。

まず、血液検査では、採血に用いるプラスチック管に名前を印刷したラベルを貼るなどして、取り違えを防ぐようにしていますが、かならず名前に間違いがないことは確認しておくべきでしょう。実際に採血をする場合には、場合によっては気分が悪く貧血のような状態になってしまうという人もよく見られます。もし特定の病気でないという場合は、緊張や不安のために血圧がそのときだけ低下してしまったことによるものですので、過去にもこうしたことがあった場合は、あらかじめ看護師などに申し出ておいたほうがよいでしょう。上半身を起こした座ったままの姿勢で採血をすると、こうしたことになりやすいため、体を寝かせた状態で採血してもらうことが可能であるからです。

また、血栓症などの病気のために、血が固まらないようにする薬を投与されているという人については、人間ドックでの採血によって血が止まらなくなってしまう可能性もないわけではありませんので、こうした場合も事前に申し出ておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です