人間ドックと婦人科系の病気

人間ドック用のコースを用意している病院は全国にたくさんあります。基本的な検査項目さえあれば構わない人はどこで受診しても構わないと考えるかもしれませんが、基本的な検査項目だけではわからない病気もありますから、自分の身体の中でどこが気になっているか、どんな病気になりたくないかをよく把握することで自分にとってどの人間ドックがいちばんふさわしいかがおのずと見えてきます。レディースクリニックが立ち上げている人間ドックは独自の観点から構成されているといえる項目がたくさん含まれています。まずおりもの検査ですが、女性の場合はおりものに分泌されている成分の中に病気が隠されていることが多く、おりものは健康のバロメーターとも称されています。

自分からおりものを調べることを依頼することは恥ずかしい女性でも、最初から検査項目に入っていたら恥ずかしさも軽減されるでしょう。スタッフも女性ですし、女医しか在籍していないことも安心につながります。閉経する頃に多くなるのが女性の骨粗しょう症ですが、これについても骨密度測定が導入されているので、自分が将来この病気になりやすいかどうかを知ることが出来るのも便利です。おりものや骨密度の検査以外では、乳癌や子宮がん以外の婦人科系の癌の検査もできることが挙げられます。

卵巣は沈黙の臓器と表現されるだけのことはあって、自覚症状のないまま進行してい舞う恐ろしい病気ですが、乳癌と比べると検診の機会が少ないので人間ドックがいい機会となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です