人間ドックの有用性とは

人間ドックは、病院や診療所などで受ける精密検査のことです。健康診断の一種ですが、人間ドックは本人の自覚症状の有無に関係なく定期的に検査を受けるという点にあります。人間ドックのおもなメニューとしては従来の健康診断で行われるもののほか、より精密に血液検査やX線検査やCT、MRIなどを使った検査などが行われます。また検査の結果にもとづいて診察が行われ、健康問題に関しての助言や指導を受けることになります。

検査内容は基本的なものは変わりませんが、病院や診療所では検査項目をオプションとして追加することができます。検査に必要な時間は、おおむね1日程度掛かりますが、半日コースや、2日以上掛けて行う場合もあります。また特殊なものとしては、5日や1週間といったコースもあり、宿泊施設に泊まりながら検査を受けることになります。通常の人間ドックでみつかりやすい異常としては、肝機能障害や高コレステロール、肥満、腎臓や膀胱の疾患、高中性脂肪などがあります。

またオプションによってはガンの検査や脳の検査を行うことにより、これらの異常を発見することもできます。人間ドックの有用性としては、健康の維持を医学的にサポートできるという点のほか、検査によっては早期に病気の発見ができる可能性があることです。特にガンの場合には、早期発見によって治療が可能になりますし、治療費も抑えることができます。また高ステロールを改善することで心筋梗塞や脳梗塞のリスクを下げることができます。

ホーチミンのクリニックのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です