タイの病院は日本人にも人気

日本では、引退してから海外で暮らす人が増えています。ロングステイ先として人気がある国のひとつがタイです。タイは、親日家が多く、物価が安くて暮らしやすいのです。タイは日系企業も多く、日本食のレストランも多いです。

また、日本の食材はスーパーで買うことができるので食事で困ることはありません。海外に長期滞在するときに、心配になるのが病気ですが、タイは医療水準が高いのです。バンコクなどの都市部では、日本語が通じる病院も多く、通訳のサービスがあるところも少なくありません。個室は、日本の病院よりも豪華でホテル並みのサービスを受けることができる病院もあります。

ここ数年で、健康診断や整形手術、視力矯正の治療など、様々な目的でバンコクの病院を訪れるツアー客が増えています。日本では、人間ドックに入って検査をすると、かなりの費用を取られます。しかし、同じ内容の検査をしても、タイの病院は検査費用が安いのです。そのため、観光をして、さらに健康診断を受けて帰ることができるツアーが人気を博しているのです。

治療は、東南アジアでも最高レベルと言われる治療を受けることができます。医師の多くが、欧米や日本に留学しているので、最先端の治療を受けることが可能です。日本でも、ホームページを公開しているクリニックが増えていますが、外国人を受け入れているバンコクのクリニックもホームページを持っているところが多く、ネット予約もできるので、とても便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です