がん検診の検査の種類について

がん検診を受けてガンが見つかったら怖いと感じる人は多いものです。しかし、がん検診は健康だと感じている人、痛みなどの自覚症状を持たない人が受ける検査であり、仮にガンが見つかったとしても、それが早期発見の段階であれば治療を受けることで完治するケースが多いと言われているのです。そのため、検査を受けずに自覚症状が始まる方が検査を受けてガンが見つかるよりも数倍も怖いと言えるのです。尚、がん検診と言うのは健康診断や人間ドックの検査の中でも行われていますが、一般的に知られるがん検診と言うのは、精密検査を受ける検査方法であり、肺がんの検査ではマルチスライスCTを利用して画像を撮影して検査を行います。

また、大腸ガンの場合は大腸内視鏡検査、前立腺ガンの場合は腫瘍マーカー(PSA)もしくは超音波検査などでガンの早期発見が可能ですし、女性特有の乳ガン検査ではマンモグラフィを利用して行うのが一般的です。尚、極小さなガンの早期発見に役立てられるのがpet検査であり、ガンの性質を利用して行われる検査です。ガン細胞は正常な細胞と比較をするとブドウ糖を多く取り込む性質があり、FDGと呼ばれるブドウ糖に似た成分の薬剤を体内に投与し、全身いFDGが回った段階でpet検査機を使って画像を撮影していく検査方法です。また、pet検査だけでは全てのガンや隠れているガンを発見出来ない事もあり、petとCTを組み合わせたPET-CT検査などによるがん検診も有ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です