乳がん検診によって判明すること

乳がん検診を受けると、乳がんにかかっているおそれがないかどうかがわかりますが、より具体的には、どのような検査方法を採用しているかによって異なります。まず、乳がん検診ではほぼ必ず行われている産婦人科の医師による視触診とよばれるものは、直接触れて状況を確認するものですが、これにより乳がんである大きなしこりを発見することができるほか、その他の異常についても確認することができます。ただし、がん細胞が成長して一定の大きさにならなければ、発見が難しい部分もあります。また、マンモグラフィー検査は、放射線を照射してレントゲン写真を撮影するものですが、これによれば視触診では見逃しがちな小さなしこり、石灰化とよばれるようなものまでも発見することが可能です。

ただし、こちらは生命にかかわらないような良性の腫瘍までがんと見誤ってしまうおそれがあるほか、若い女性のように乳腺が発達している人の場合には、写真に白い影が出るためにがんがかえって発見しにくい場合もあります。エコー検査は、放射線ではなく、超音波を照射することによって、体内の状態を映像により確認するもので、視触診で発見が難しい小さなしこりでも発見することができます。ただし、マンモグラフィー検査ほどにはごく小さな初期のがんを確認するだけの精度はありません。これらを状況に応じて組み合わせて行うことによって、乳がん検診はなりたっており、さらに結果を受けて要精密検査となった場合については、細胞診などの特殊な検査が行われることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です