乳がん検診を受けよう

日本に住む女性は30歳、あるいは40歳になると、職場や自治体で乳がん検診を受けられるようになります。人によっては、職場の健康診断にがん検診のメニューがないこともありますが、そのような場合には、勤めていても自治体検診を受けられることがあるので、あきらめずに市役所や町役場等に問い合わせてみましょう。日本人女性は、40歳前後を境に乳がんの発生が増えてきます。そのため厚生労働省は、40歳以上の女性に対して乳がん検診を行うことを勧めています。

その方法は、マンモグラフィ(乳房X線)と呼ばれる、2枚の板で乳房を挟みこんでX線で撮影する検査方法が用いられます。針などを刺すことはありませんが、人によっては乳房を挟むときに痛みや不快感を感じる場合もあります。しかしながら非常に小さながんでも発見できるという大きなメリットがあります。自治体あるいは職場によっては、30歳から乳がん検診を提供している場合もあります。

これは、30代で乳がんにかかる人の数はそれほど多くはないけれども、かかった場合には比較的早く進行することがあるので、そうなる前にできるだけ検診で早期発見しようという試みです。30代の女性に対する乳がん検診は、超音波検査が用いられることがほとんどです。これは、妊娠した時にお腹の中の赤ちゃんを映し出すエコー検査と同じ検査法で、全く痛くありませんし、X線を用いないので被曝もなく、妊娠中でも安心して受けられます。母親や姉妹など、近い親類で乳がんを経験した人がいる場合は、30歳から検診を受けることも1つの選択肢として考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です