がん検診をうけたほうがいい

がん検診をうけたほうがいいというのはわかっているのですが、ガンと言われるのが怖いと病院にいくのも嫌がる人がいます。でもその考え方は大きな間違いです。昔はガンが見つかった場合でもぜったいに患者には知らせないという時代がありました。でもいまは告知をしています。

それはガンは怖い病気には間違いないのですが、ガンと戦っていくという強い意志がなければ戦えない病なのです。進行したガンが見つかった場合、手術のあと、抗がん剤の治療ということになりますがそれは、副作用のあるつらい治療にもなるので、患者がガンと戦っていくという強い意志がなければ治療がうまくいかないからです。ではそんなつらい治療がいやだという人はどうくればいいのでしょうか。それは毎年定期的にがん検診をして、がんになっていたとしてもできるだけ早期でみつけることが大切です。

ガンの早期は腫瘍がほんとうにまだ小さい状態で、その状態では自覚症状もないために、がん検診をやらないとがんをみつけることができないレベルなのです。ですからがん検診をやる意味というのは、自覚症状のないがんを見つけるという意味でもとても重要になってくるのです。がん検診には高額な費用がかかると思われがちですが、自治体によっては補助金がでるところもあるので、検診をうけようという場合には、まずは問い合わせでみることが必要なのです。自分の健康は自分でしか守ることはできません。

そのためにも検診はうけたほうがいいです。ホーチミンのクリニックのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です