ファクタリング会社の比較

一般的に電話相談できるのは営業している時間帯のみで、土日祝日や夜間は営業時間ではなくこれからご紹介するのは休日や夜遅くに今すぐ資金調達の相談をしたくなった場合頼りになる所です。

買取手数料は5パーセントから10パーセント、最短入金は即日で可能額は10万円から5000万円で契約方式は2社間3社間に及んでいます。ファクタリング会社は個人事業主の人も利用でき、自由の中の数万円の報酬を買い取ってもらえるものとしては比較すると買取手数料3パーセントから10パーセント、最短入金は即日から10分買取可能額と契約方式は各々1万円から15万円2社間になります。

ファクタリング会社の買取型では受注した業務を完了して納品し、請求書を発行した後の売掛金が対象だけれども注文書や発注書を買い取ってくれる、仕事に着手する前の段階で売掛金を買い取ってくれる所があります。こちらは買取手数料2パーセントから20パーセント、最短入金は翌日から5時間、買取可能額および契約方式は100万円から3億円2社間になっています。

ファクタリング会社では資金調達をする時は売掛金から買取手数料が差し引かれるのでなるべく受領額が大きい所と契約すべきで、見ただけでお得そうであっても想定外に資金調達額が少なかったという事もあり、比較する方法は相見積もりをとらなければなりません。比較してみると買取手数料の上限が明確なところが安心でき、審査が甘いところは買取手数料は高くなってしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする