ファクタリング会社は仕組みで比較する

腹最近ファクタリング会社と言う言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、資金繰りが良くない会社にとってはありがたい存在といえます。ファクタリング会社は、売掛金を所有している会社ならばどこでも利用することができるはずです。つまりファクタリング会社に対して売掛金を手渡し家債権譲渡することにより、その売掛金を早い段階で現金化することができる仕組みです。この仕組みを利用することにより、助かった会社はたくさんあるでしょう。

ただ、どのようなファクタリング会社を利用するかはよく比較をした上で検討することが大事になります。比較をするときのポイントは大きく分けて2種類がありますが、1つは債権譲渡をする仕組みを利用するパターンです。このパターンに関しては、相手方に債権譲渡の通知を送らなければいけないため債権譲渡したことがばれてしまいます。そのようなデメリットがありますが、その反面手数料が非常に低いのが特徴です。手数料は、2%から5%位に設定している会社も多く、利用者としても大きなメリットがあるでしょう。

これに対して、2社で行うパターンも存在しており、この場合は債権譲渡を必要としないパターンになります。このパターンを利用する場合には、すぐにお金が入金されるのが魅力と言えるかもしれません。債権譲渡と比較した場合であっても、やはり短期間でお金が入ると言うのは非常に大きなメリットです。ただその分手数料が高くなりそれが負担になる可能性もあるためよく比べておかなければいけません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする