ファクタリングを取扱うにいたって

ファクタリングは、企業の売掛債権を譲渡することによってファクタリング会社がリスク負担して現金化するシステムです。

会社は、債権譲渡を受けた売掛金を査定して手数料を決めます。手数料を差し引いた金額を譲り渡した会社は、現金を取得することになります。ここで注意すべき点があります。企業は売掛金を譲渡して早期に回収することができます。

ノンリコースが契約の主体です。資金が早期に回収でき、現金化されるので財務面でキャッシュフローが良くなります。注意すべきはファクタリングを取扱う会社が信用できるかどうかです。一刻も早く現金を得てたいのが企業です、そこで一歩立ち止まってください。このシステムを利用している信用できるファクタリング会社は数多くあります。よく勘違いされるのは、売掛債権を担保に高金利で貸し付けを行う業者があることです。金融は、ノンリコースではありません。

手形の買取りと同じ担保金融です。あくまで利用する場合は、この区別を必ず確認してください。2社間契約でファクタリングを実施すると相手方企業にはわからないような形で手続きは進みます。売掛債権を譲り渡した会社が回収した資金を手渡す契約もあります。この場合には、売掛債権の回収との区分けがよく理解できていないとシステム自体が壊れることもあります。取扱う業者が、安心な企業であるかはよく調査する必要があります。業者をあやまると高金利の融資を背負うだけになりかねません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする