債権を現金化できるファクタリングについて

ビジネスをしていて、売上を掛けで受け取る場合、帳簿上は黒字でも、手元に現金がない状態になることがあります。仕入れや従業員の給料支払いに現金が必要な場合、売掛金が大量にあっても、手元にキャッシュがなければ、倒産してしまう可能性があります。このような黒字倒産は、決して珍しいことではありません。会計上は黒字でも、手元に現金がなければ、様々なことに支障ができます。しかし、ファクタリングをすることによって、売掛金を現金化し、急なキャッシュの入用に対応することが可能です。

ファクタリングをする場合、売掛債権を買い取ってくれる企業に、売掛金や未収金を販売できます。販売価格は、債務を負っている企業の信用度に、通常は依存します。債務を負っている企業の信用度が、著しく低い場合、ファクタリングの際には大きく割引されてしまいます。しかし、急に現金が必要になった時、売掛金や未収金を現金化できることで、黒字倒産を防止することができます。

また、自力で売掛金や未収金が回収できないときも、売掛債権を第三者に販売することにより、現金を手にすることが可能です。日本では、ファクタリングの概念はまだまだ新しく、特に中小企業には広まっていません。しかし、会計上は黒字でも、手元に現金がない企業は、たくさんあります。また、長年の付き合いなどで、売掛金や未収金の回収が、困難になっている企業もあります。ファクタリングが普及することによって、中小企業の経営状況は、大きく改善します。ファクタリング会社のランキングのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする