ファクタリング会社は比較して選ぶ

ファクタリング会社が売掛債権を購入することで、会社の資金を獲得できる資金調達方法の一つをファクタリングと言います。通常の場合売掛金の請求は支払いまでに時間がかかってしまいますが、ファクタリングを行うことによって売掛金を短期間で現金化することが可能です。ファクタリング会社は様々なところがあるためきちんと比較した上で、ファクタリング会社を選ぶことが大切です。比較するポイントの一つが、条件や契約内容になります。

これらが明確であるかによって、悪徳業者などがわかります。悪徳業者は、不利な条件や法外な手数料を要求してくるため注意が必要です。あまり知られていない会社であれば、必ず会社概要や資本金、代表者名や本社の住所などの情報を必ずチェックします。二社間・三社間も比較します。

二社間は自社とファクタリングを行う会社で行う日取引で現金化までのスピードが速いのですが、一般的に手数料が高めとなっています。三社間は自社とファクタリングの会社、取引会社で契約を結びます。手数料が低いですが、取引先に売掛金が譲渡されるため自社の経営状態が良くないのではないかと思われてしまうケースがあります。その他比較したいのが手数料です。

通常の場合5~20%で手数料は設定されていますが、中には30%以上に設定しているところもあります。手数料が高くなっている理由をきちんと把握した上で、どの会社が良いのかを選んでいくことが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする