いくつかのファクタリング会社を比較してみよう

売掛債権を所有しているけども、なかなか資金繰りが厳しい会社があるかもしれません。ある程度大きな会社であれば、資金が内部で留保されている可能性があり、不景気の時でも生き残ることができます。大抵の場合、一時的に景気が悪くてもしばらくすれば元に戻るため、内部留保でつなぎとめることができます。ところが小さな会社の場合は、下手をすれば自転車操業になっている可能性があるかもしれません。

この場合、資金がすぐに入ってこないと倒産してしまう恐れがあります。例えば、1、000、000円以上の取引をした場合でも、手形を利用することになりますがその手形が現金化されるまでに会社が持たない可能性も否定できません。このときの方法としては、銀行からお金を融資する方法があります。ところが銀行側もなかなか融資してくれないため、最終手段としてファクタリング会社にお願いをしてみるしかありません。

ファクタリング会社を選ぶ場合には、よく比較することが大事になります。何故かと言えば、ファクタリング会社によって手数料が異なる可能性があるからです。この手数料をそれぞれのファクタリング会社で比較した場合、3%程度の違いが出ることも少なくありません。3%と言えば小さな金額に思われるかもしれませんが、10、000、000円の3%であるとすればそれは300、000円になります。

それだけ大きな金額が動くとなれば、わずか3%でも大きな金額になるため比較は大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする