ファクタリング会社選びで比較すべきポイント

ファクタリング会社は数が増えていて選択肢が充実していますが、同時に選ぶのが難しく悩みやすくなっています。ファクタリング会社選びにおいては候補をリストアップして、比較検討を行い篩いに掛けて絞り込む必要があります。比較すべきポイントはいくつかありますが、例えば扱っている債権の種類だったり、手数料は特に重要なポイントとなります。譲渡したい債権の取り扱いがなければ売却できませんし、現金化も資金調達も不可能なので、最初に手持ちの債権が売却できることを確認すべきです。

その為、ファクタリング会社はリストアップの際に、後々利用できない事態に遭遇しない為に、取り扱う債権の種類を確認することが大切です。ファクタリング会社は、会社によって手数料が異なり、比較的手頃な数字を提示するところもあれば、非常に高額な手数料を求める会社もあります。重要なのは手数料が平均的、現実的な数字の範囲内に収まっているか、目安となる相場を大きく外れていないかどうかです。明らかに高過ぎる手数料を要求する会社はNGですし、そもそも債権を売却して手元に残るお金が減ってしまうので、現金化の恩恵が半減するようなファクタリング会社の選択や利用は避けるのが無難です。

比較のポイントは他にも、会社の規模や創業からの年数、過去の取り扱い件数の実績などで、口コミや評価にも目を通すことが肝心です。比較項目はいくつあっても良いですし、多ければ多いほど多角的に分析できるので、信頼に足る理想的な相談先が見つかりやすくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする