ファクタリングの概要について

企業の中では、売り上げなどの業績が経営に大きく関係してきます。したがってお金の管理などは非常に重要になります。そのなかでファクタリングという言葉があります。ファクタリングとは企業が持っている売掛金を、ファクタリング会社が企業に対して償還請求権無しの状態で完全に買取をするということになります。

こうすることで企業に資金を提供することができる仕組みとなっています。少しわかりやすく言うと、企業が持っている売掛金を専門の会社が譲り受けて、売掛先の企業の支払いサイトの期日前に支払うという仕組みになっています。これによって企業が直面している経済上のさまざまな問題に対しての情報を提供することができます。そして実際に買い取った売掛金の管理や回収も行ってくれるようになっています。

またここにはいくつかのメリットがあります。それはキャッシュフローを改善することができます。企業は自分の会社の必要な資金に応じて情報を売却するようになっています。そして売却代金を受け取ることができます。

このとき銀行からの借入のように担保が請求されると言うことがありません。債権の回収期日までに資金化できない売掛金や受取手形は、期日前に資金化することができます。またバランスシートをスリムにすることができます。それは償還請求権無しで譲渡を行うからです。

売掛先企業が倒産した場合でも譲渡代金の請求は行われないようになっています。ファクタリングは欧米では当たり前に行われている資金調達方法となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする