銀行にはいろいろな種類がある

普段のお金を預けている銀行ですが、いろいろな種類があるのはご存知でしょうか。実は何気に数多くの種類に細分化されているのです。まず、知名度が非常に高く規模も桁外れに大きい都市銀行というものがあります。三菱東京UFJや三井住友、みずほなどの全国規模でサービスを行っている企業がこのカテゴリーに該当します。

定義としては、「大都市に本店を構え、全国展開している」とされています。次が地方銀行と呼ばれるカテゴリーです。このカテゴリーは更に細分化をすることができて、第一と第二に分かれています。全国展開をしておらず、それぞれの地方に拠点を持つタイプです。

地域に密着し、地元に根ざしたサービスを行えることが強みです。第一か第二かは亀している協会に依存しています。3つ目が、信託銀行と呼ばれるカテゴリーです。一般的には馴染みが薄いですが、富裕層向けのサービスや土地などの不動産を活用した提案力に優れており、信託業務が事業の柱になっています。

代表例としては、三菱UFJ信託、みずほ信託、中央三井信託、住友信託などがあります。また、最近勢力を伸ばしているネット銀行というカテゴリーもあります。明確は定義はありませんが、実際の店舗をほとんど持たずにインターネットを介してすべてのサービスを提供するタイプです。人件費や店舗の維持費が圧縮できますので、高金利の預金や低い手数料が強みです。

他にも、信用金庫や信用組合といったカテゴリーも有り、意外に多くの種類があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする