銀行を利用するメリットとデメリットについて

お金を借りるなら何といっても銀行が一番だと思ってる人もいるかもしれません。銀行は確かに金融機関として知名度と信頼度が高く、融資の依頼先としても安心して利用することができます。ただし、銀行でお金を借りる場合は、メリットとデメリットの両方をチェックしておかなければなりません。メリットだけ見てデメリットに注意を払わないなら、後で失敗したり後悔したりすることもあるので注意が必要です。

まず銀行でお金を借りるメリットは、金利が安いことと、信頼性が高いことです。金利が安いということは、月々の利息負担が少なくなり、返済総額も少なくなることを意味しているので、債務者にとってはリスクの少ない借金ができることになります。また、貸出元がしっかりしていて信頼性があるので、何かトラブルがあってもしっかり対応してもらえるという安心感があります。さらに、総量規制の対象にならないので、消費者金融のように年収の3分の1までしか借りられないという縛りを受けることがありません。

一方、次のようなデメリットもあります。例えば、消費者金融に比べて審査基準が厳しいので審査に通りにくいこと、また審査に通っても増額がしづらいということがあります。金利の安さ、信頼性、総量規制の非対象はいずれも銀行を利用するメリットですが、審査に通らなければこうしたメリットを受けることもできません。そしてその審査基準が厳しいということを、最大のデメリットとして挙げることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする