古代および近代の銀行業

銀行は、私たちの日常生活に大いにかかわりのあるものの1つです。現代では、ATMやインターネットバンキングなどの面で、進んだ科学技術が取り入れられています。しかし、銀行にはじつに古い歴史があります。紀元前の時代、古代バビロニアやギリシャの神殿では、安全のために保管してもらう目的で、人々が自分の硬貨を預けました。

このようにして預けられたお金は、全員から同時に返却を請求されることはなかったので、その一部が他の人に貸し出されました。現代の金融機関が人々から集めたお金を投資や融資に回すのと同じことが、すでにこの時代に行われていたわけです。しかし、こうした事柄が高度に発達したのは、中世イタリアにおいてです。近代的な金融業は、旅行する僧職者を代理人として使って信用状をある国から別の国へ運んだイタリアの商人によって発展しました。

12世紀、中世イタリアのジェノヴァ共和国では、投資家たちが結成した団体が議会から資金を預かり、それに対して金利を支払いました。15世紀、やはりジェノヴァにおいて、近代銀行の先駆者と呼ばれる会社が設立されます。その後、同様の会社がベネチアや他の都市でも設立されていきました。このように、近代的な金融業は中世のイタリアで発展しました。

銀行を意味する英語bankはイタリア語に由来します。それは、机やベンチを意味するイタリア語のbanco(バンコ)という単語です。これは、ルネサンスの時代、イタリアのフィレンツェで、銀行家たちが机の上でその取引を行ったからでした。ファクタリング会社の比較のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする