介護給付金にファクタリングで資金調達

介護事業が盛んです。介護保険の給付が制度ができてきてから約2倍になり、今後も増加傾向にあります。そのために新規に事業者として参入する所も多くですが、パイがきまっているので競争が激しくなってきています。そして人材の確保にもたいへんい事業運転資金も綿密に計画しておく必要があります。

というものも、介護報酬というものは国からもらえる介護給付金でこれは国が支払ってくれる非常に確実な債権ですがその介護給付金が実際に現金化するまでに相当な時間がかかります。原則は申請して翌月から起算2か月にようやく現金化なされるというもので場合によっては3か月以上も待たされることもあります。しかしこの間にも事業資金は確実に必要で資金繰りしなければならないです。こうした資金繰りは銀行から融資でも可能ですが、融資枠がいっぽいで緊急に資金に必要なときに対応が難しくなります。

では即現金化するには何がいいのかと言いますと、介護給付金のファクタリングという方法があります。ファクタリングとは、その債権を額面から割引した金額で買い取ってもらうことで債権の譲渡になりますが、買取の際に値引き率は債権の回収に確実にかかっており、介護給付金のファクタリングでは国が債務者であるので回収確実なのでその割引率も普通の手形割引よりもずっと低いので、想定どおりの資金繰りが可能といえます。ただしこのファクタリングの割引率は業者によって差異があるのでその業者選びもよく考えたほうがいいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする