介護給付金を利用したファクタリングの注意点

介護保険事業は少子高齢化時代にあって、急激に事業所の数や利用者数が増加しました。ところが、それを支える側の税金や保険料収入には限界があって、国、厚生労働省は徐々に事業に抑制をしつつある状況です。したがって、いつまででも事業拡大が見込めるかどうかは不透明になってきています。しかしながら、今後も介護事業を行っていきたいと考える場合には、資金調達を行わなければなりません。

このとき、資金調達の一つの方法として介護給付金を利用したファクタリングは、取り得る一つの方法となり得ます。介護給付金であれば現在事業展開を行っていれば、その資金も充てに出来ます。また、開業しようとする介護事業によっても介護給付金が多額見込める場合もあるでしょう。すなわち、担保となるものが見込める場合には、ファクタリングは有力な選択肢になり得るわけです。

介護事業の今後の見通しは厳しくなることは必定です。現に、介護利用者の自己負担は1割が原則だったものがすでに2割になったりしてきています。今後もこの傾向は続くと考えられていますので、徐々に介護を取り巻く状況は厳しくなるのはやむを得ないと見られています。事業拡大だけではなく、既存の事業の施設整備にファクタリングを利用する場合もあるでしょう。

この場合は、貸し手側が返済の状況を確認がし易く、しかも利用者数などから返済の当てが分かりやすいこともあって、今後利用する事業者の数も増えていくと考えられています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする