医療におけるファクタリングとはどのようなものか

最近、医療機関に於いてファクタリングを利用する所が増えています。ファクタリングとは元来、商取引の世界に於いて手形の裏書によって売掛を早期に回収し現金を入手することでキャッシュフローの改善を行い、黒字倒産などを防ぐことが多くなったことに着目した金融業者が、手形の裏書よりもリスクが少ない方法として始めたものです。手形の裏書では売掛債権の債務者が倒産などの理由で支払いができなくなった場合には手形を譲渡した側が銀行に対してその金額を返済しなければなりませんが、ファクタリングで債権を金融業者が買い取ることで、万が一このような事態となっても現金を返済しなくて済むところが大きなメリットとなります。この原理を医療の世界に応用したのが医療におけるファクタリングです。

病院の多くは保険診療を行う為、保険負担分は診療報酬の支払機関に請求を行い、約2ヶ月後に支払われる形となっているため、その2か月間は現金が入金されない状態となります。しかし経営上現金が足りなくなってしまう病院も多く、この保険診療分を債権として扱い、その債権を買い取ることで早期に病院に現金を提供するのが医療におけるファクタリングです。但し、商取引の場合と異なり、最終的に売掛債権の支払いを行うのが健康保険組合で有る為倒産などのリスクが非常に低いことから、手数料が非常に安いのが大きな特長です。そのため通常に診療報酬を受け取る場合と金額の差が少ないため、利用しやすいのが特長となっています。

ファクタリング会社のランキングのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする