医療事業拡大のためにファクタリングを利用すること

医療機関や薬局などの事業の拡大のためには、相応に資金が必要です。その資金を調達するための方法としてファクタリングが注目されています。このファクタリングでは、医療事業から得られる診療報酬などを担保とし、毎月一定学区の診療報酬から得られた収入の一部を持って償還に充てるわけです。貸す側からすれば、毎月一定額の収入がほぼ見込める医療機関への投資は魅力的です。

また借りる側からしてみても、ファクタリングの利用は安心して貸し出しが出来るということで、双方にとって有益な取引になり得ます。このとき、借りる側の返済能力が重要になってきます。ただし、医療機関であればある程度の規模になってくれば、毎月患者は相応に治療に訪れるでしょう。治療によって受けとる収入も大きなものが見込めます。

したがって、返済も十分に可能になってくると言えるわけです。貸す側は一定の利息が魅力的に映ります。貸し出す資金が巨額であればあるほど、それに上乗せして返済してもらえる利息収入も大きくなってきます。そのため、貸す側にも借りる側にも魅力的なファクタリングの利用は、医療関係の場合双方に有益であると言うことが出来るわけです。

担保として考えられるものは診療報酬になるわけですが、患者数の見込みや開業する診療科目である程度の見込みは立てられることも、大きな特徴です。返済能力や返済期間などの見込みについて双方が納得がいく契約になりやすく、やりやすい契約になってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする